借金 滞納 どうなる

借金を滞納するとどうなるのでしょうか。

 

返済ができず債務を滞納すると督促がありますが、放置していると取り立てが始まります。

 

最初は任意ですが、裁判を起こされると強制力を持つ差し押さえです。

 

その前に専門家である弁護士に債務整理の相談をするという方法があるのですがもちろん無料でできるものです。

借金を返済できなくなり滞納していると

借金を返す余裕がない家計

借金を返済できなくなって滞納していると金融機関は回収の方法を考えるようになります。

 

最初は電話で返済予定を確認するだけですが、次第に対応がハードになり督促状が届くようになります。これを放置すると裁判や差し押さえが始まってしまうので、早めの対応が必要です。

 

いつまでも待ってくれません

借金を滞納し続けるとどうなるでしょうか。

 

金融機関はいつまででも返済を待ってくれませんから、取り立てのために電話をしたり、自宅を訪れたりします。

 

それでも回収ができないと裁判や差し押さえの準備に取り掛かることになります。その前に行動を起こすことでスムーズに借金問題を解決することができます。

 

督促状は赤信号

金融機関が裁判や差し押さえの準備を始める予兆として督促状の送付が挙げられます。督促状には借金の滞納がある旨と、このまま放置するとどうなるかが記載されています。

 

督促状を送ることで「請求しているのに返済に応じない」と裁判で抗弁できるのです。つまり、督促状が届いたら裁判や差し押さえをする準備ができていると言う赤信号が灯っているのです。

 

このタイミングで債務整理を得意とする弁護士さんに相談することでスムーズな解決を図ることができます。

どうなる滞納を続けていると

カードローンでの多重債務で悩む

このように借金の滞納を続けていると裁判や差し押さえを受けることになりますが、裁判では今までの返済履歴も証拠として提出されます。

 

ずっと返済ができず、督促状を送っても反応がなければ、差し押さえもやむなしと裁判所は判断します。

 

つまり裁判を起こされると自分が圧倒的に不利になってしまいます。督促状が届いたタイミングで弁護士さんに相談することをお勧めしている理由です。

 

裁判を起こされると厄介です

このように裁判を起こされると自分にとって不利な判決が出ることは間違いありませんし、同時に差し押さえも許可されてしまいます。

 

給与や預金の差し押さえをされてしまうと、勤務先には迷惑がかかるだけでなく、当然、借金まみれだと知られてしまい、預金残高がなくなってしまったら生活が維持できません。

 

その前に対処しませんか?

そんな目に合いたいと思っている人はいませんし、裁判や差し押さえに合う前に自分で問題を解決することもできます。

 

その手段として債務整理を専門とする弁護士さんへの相談が挙げられるのです。

払えない借金への対処法は

借金を整理する方法を選択する

もし現在の返済計画で返済を続けることができないのであれば、どこかで結論を出さなければいけません。

 

それは金融機関が裁判を起こし差し押さえを実行するか、自分が債務整理をするかの二者択一です。

 

どちらを選択すべきか言うまでないでしょう。

 

早い者勝ちです

金融機関は督促状を出すと期日に向けて裁判の準備を始めますが、その前に弁護士さんに依頼をして債務整理を開始すれば裁判を起こすことができません。

 

つまり、裁判を起こされるか、弁護士さんに依頼して債務整理をスタートするか、早い者勝ちというわけです。

 

払えない借金をそのまま放置することはできないので、債務整理を専門とする弁護士さんに依頼するのが一番の方法でしょう。

 

裁判を起こされてしまうと、弁護士さんも債務整理をスタートしにくくなるため、督促状が届いたらすぐに相談をすることをお勧めします。

 

初回相談は無料です

とはいえ、弁護士さんに相談すると一体いくらかるのかと心配するかもしれません。

 

しかし、債務整理を専門とする弁護士さんの初回相談料は、依頼者の懐具合を勘案して、また、債務整理の受任しやすくするために無料のことが多いです。

 

また、実際に債務整理を依頼すると弁護士費用が必要ですが、債務整理スタートとともに弁済はすべてストップしますので、毎月返済してといた資金を充てることができます。

 

実際に債務整理を依頼した弁護士からは手続き費用などに充てるために、無理のない範囲で返済にあたる金額の一部を積立るように指示されることが多いのです。

借金の滞納から解放される方法とは

専門家に相談して解決する

任意整理を例にすると、手続きがスタートすると、弁護士さんは金融機関と交渉を開始します。

 

任意整理の交渉では、債務全額をチャラにするものではなく、元本部分だけを分割で返済する和解に持ち込むのです。ではその後、返済についてはどうなるのでしょうか。

 

全ての元本を返済すると利息部分が免除されますから、文字通り完済になります。

 

利息が大きかった時は借金を完済できる見通しが立たないケースも多いのですが、元本のみで完済になり、これ以上の返済義務はありません。

 

任意整理がベスト

任意整理は元本だけの返済であり、返済期間が3年から5年と長期間なので無理のない返済ができます。

 

返済額がいきなり減ってしまうのでびっくりする人も多いようですが、利息の金額は結構大きいのです。

 

自己破産のように官報に載ることもなく、誰にも知られずにひっそりとできる任意整理は、債務整理の中で一番多く使われている方法です。

 

生活が一変します

こうして自分の収入から現実的に返済できる金額に債務が圧縮されたことになります。

 

毎日資金繰り対策に頭を悩ませていた日々が嘘のように思えるでしょうし、生活が一変して忘れかけていた笑顔が戻るでしょう。

 

債務整理が裁判や差し押さえを恐れる地獄のような毎日から脱出させてくれたのです。

 

あなたも一度債務整理を専門とする弁護士さんに相談してみませんか?

 

名前を記入する必要がない簡単無料メール相談

匿名・無料で手軽にできるメール法律相談はこちらの街角相談所。24時間いつでも受け付けていて現状を伝えれば自分に最適な解決法をアドバイスしてもらえます。


本名ではなくニックネームでも良いので仮名と都道府県名を入力すれば借金問題を解決してくれる最適な法律事務所を全国から探してもらえます。


借金を減らす手続きをしてくれる法律事務所や司法書士事務所を比較することもできるのです。


紹介された事務所へ実際に債務整理を任せるかどうかは、話をしてあなたの疑問を解決してからにするのがベスト。納得いかないままで依頼する必要はありません。


●匿名、無料、簡単にその場でわかる ……… 街角相談所-法律-のメール診断

 

ヤミ金の被害にあっている方へ

家族や職場に取り立てをすると脅されたり、返済したはずが入金してないと難癖をつけられたりした。携帯でやり取りするだけで店舗も顔もわからない。そういう業者はきっと闇金融です。


一般的な法律事務所、司法書士事務所ではヤミ金被害に対応していない事務所がほとんどです。多くの弁護士事務所などでは借金問題の中でも闇金融に対しては敬遠し積極的に取り組んでいる弁護士は多くありません。


なぜかといえば非合法の貸金業をしている相手ですから一筋縄では行かない曲者だからです。ヤミ金業者と対決するには専門のノウハウと違法業者に負けない胆力、熱意が必要です。


そんな弁護士はたくさんはいませんし、闇金に積極的に取り組んでいる業者は経験、実績豊富な弁護士ばかりです。


ヤミ金などの被害にあわれてお困りの方は、以下のヤミ金被害救済を行っている実績豊富な事務所に依頼されるのがおすすめです。もちろんメールの無料相談ができますから、現状を伝えてみてください。


●ヤミ金相談実績ならトップクラスで全国対応 ……… Duel法律事務所ヤミ金メール相談